iPad mini2をデータシェアキャンペーンで使いたい

広告

いよいよ今晩に発表されると言われる、新型iPad。iPhoneと同じく三大キャリアで発売される予定ですが、auのデータシェアで得して使ってみたいと考えています。でも、本当に得なのでしょうか?

自分は、スマートバリューを適用できるので少々事情が違うようです。

スマートVデータシェアキャンペーン
端末代¥46,800(iPad mini初期型)
ISP代¥315¥315¥315
パケット代¥5,460¥2,992¥1,050
毎月割¥-1,950¥0¥0
スマートV¥-1,480¥0¥0
月額料金¥2,345¥3,307¥1,365
1年維持費¥74,940¥86,484¥63,180
2年維持費¥103,080¥126,168¥79,560

スマートバリュー(スマートパスを利用しないので315円減額)が適用できると、2014年の春から始まるとされるデータシェア割でも、iPad/iPd miniのようにパケ代が割引される機種では、スマートバリューを使った方が1年使うと約10,000円得になります。

FJT21などのAndroidタブレットでも、LTEフラットforTabスタート割が適用になると上記計算と同じですね。

さて、ドコモの場合、プラスXi割がiPadにも適用できるとなると、これはこれでデータシェア割と比較してもお得になると思います(データシェア割はスマホと合計で通信料9GB/月)。

ここは、ささっと新型iPad miniを予約して、データシェアキャンペーンでガッツリ安く使いましょう(はい、そうします)。